忍者ブログ
4社の外資系企業を渡り歩いたサラリーマンの実話です。かなりブラックな話題から笑えるネタまで、すべて真実を語りつくしたいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Googleワード
プロフィール
HN:
転職サラリーマン
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
4社の外資系企業を転々とする30代のサラリーマン
忍者アド
楽天
楽天ぴたっとアド
ツイッター
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   不動産ファンドを運営する「ダヴィンチ・ホールディングス」という会社は、雑誌などで各企業の給与明細について特集などすると、必ず全業種のトップ3に入る会社です。

   確か35歳の平均給与が1500万円を超えていたような記憶がありますが、そんな会社が09年12月期の決算で110億円の赤字を出した模様です。

ダヴィンチ、110億円の債務超過の公算 09年12月期

   どんなことをすれば、そんな給料がもらえるかと疑問に思ってましたが、リスクのある不動産投資をおこなっていたようです。

   要はリーマンブラザーズと同じですよね。転職するときは、給与が他のどんな条件よりもすぐ目に飛び込んでくると思いますが、自分のライフプランと照らし合わせて考えねばいけないでしょうね。

   1500万円の企業に5年勤めて首になり無職になることより、700万円の企業に20年勤め続けることの方が収入が倍近くになります。

   あくまで単純比較になりますが、そういう考え方も大切ですよね。細く長くか太く短くかで企業選びもだいぶ変わると思います。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
グーグル
ランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
Amazon
マイクロアド
MicroAd
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]