忍者ブログ
4社の外資系企業を渡り歩いたサラリーマンの実話です。かなりブラックな話題から笑えるネタまで、すべて真実を語りつくしたいと思います。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Googleワード
プロフィール
HN:
転職サラリーマン
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
4社の外資系企業を転々とする30代のサラリーマン
忍者アド
楽天
楽天ぴたっとアド
ツイッター
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [80]  [81]  [79
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ちょっと余りにも雑で一方的な記事を読みましたので、取り上げてみます。

   この記事は、専業主婦になれが、約2億3,500万円もの機会損失になると、くだらない単純計算を披露していて、あまりにも馬鹿らしいので反論したくなりました。

「専業主婦の子育て」は、2億円以上の機会損失!

   そりゃあ、専業主婦になれば給料が丸々無くなるのだから、1人分の生涯賃金がなくなる事なんて、わざわざ数字にしなくても誰でも分かっているでしょう。

   では何故専業主婦になるかというと、第一は子供のためなのではないでしょうか?人間の子供は未熟です。故に母親の愛情を必要としています。保育園に預ければいくらとかいう金勘定だけの話では無いことにはまったく触れてません。

   第二に専業主婦になる人の考え方です。仕事に気をとられることなく子育てに専念したいという人も多いと思います。また、子供が幼いうちから保育園に預けないで、育てたいと言う考え方を持った人は多いです。

   当然、経済的にやむを得ず保育園に預ける人、外で仕事をしないといられない人に分かれてくるとは思います。

   最後に、私自身、妻が専業主婦で居てくれるお陰で、随分と助かっています。もし、家事・子育てを分担となったら、仕事に柔軟性はなくなり、今のような給料をもらっていられないと断言できます!

   また、これも当然のことですが、いつも母親にそばで観てもらっている子供の精神的な安心感というものは、金銭的には計り知れないものがありますし、大人になってもずっとずっと記憶に残っていると思います。

   それを一方的に、単純計算で機会損失と書き立てるのは、あまりにも間抜けなファイナンシャルプランナーのやることですね。

   そんな金計算だったら、ちょっとググれば誰でもできるし、あまりにも視野が狭くこういうファイナンシャルプランナーには、絶対に自分の人生を相談なんてしてはいけないと思いました。

拍手[6回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
グーグル
ランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
Amazon
マイクロアド
MicroAd
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]