忍者ブログ
4社の外資系企業を渡り歩いたサラリーマンの実話です。かなりブラックな話題から笑えるネタまで、すべて真実を語りつくしたいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Googleワード
プロフィール
HN:
転職サラリーマン
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
4社の外資系企業を転々とする30代のサラリーマン
忍者アド
楽天
楽天ぴたっとアド
ツイッター
[114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ちょっとゾッとするような記事を読んだのですが、年収200万円時代もすぐそこまで来ているのかもしれません。。。

   今から7年前に、経済アナリストの森永卓郎が年収300万円と騒いでいて、馬鹿にして聞いてましたが、まんざら嘘ではなかったようです。

   厚労省が発表した統計によると、2009年の賞与を含んだ平均年収は約382万円まで落ち込んだようなのです。そして、賞与を抜いた収入ともなると、3割の自治体で200万円台に突入しているというのです!

年収300万円なら十分“勝ち組”に?給料の「無限デフレスパイラル」が始まった

   この不景気の影響で、賞与は大幅にカットされている人も多いでしょうし、いくら景気が回復していっても、企業は一度削ったものをそう簡単には戻そうとしないでしょう。

   海外から出稼ぎに来る人達も今後増えることを予想すると、さらに年収相場は下がっていくかもしれません。

   年収300万円が勝ち組なんて、にわかに信じがたいですが、今のうちに家計をしっかり把握し、貯蓄なり節約できるようにしておかないと、後で大変なことになるような気がします。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
グーグル
ランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
Amazon
マイクロアド
MicroAd
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]